ままてらす第7回ビジネスプランコンテスト 投票期間:2022年9月5日~10月19日
百澤望プロフィール写真

百澤 望

Alive-アライブ‐

《 事業概要 》

Alive-アライブ-に所属する個人事業主から、難病や障がい、家庭の事情により、外出が困難な状況の方に向けて、仕事の発注と、スキルアップのための育成の場を作る巻き込み型サポートコミュニティの運営を行う。

障がいや難病であることを強みとするブランディングを行い、個人事業主コミュニティ内から仕事の受注、在宅でも収益を得られるまでのサポートシステムを実施することで、個人事業主⇨在宅就労者⇨一般社会へと経済の循環の仕組みを作る。

収益は年間登録料、講師料、起業スポンサー契約による。
障がい難病の方と個人事業主がwin‐winの関係性になることで、介護業界に経済の循環が産まれることを目指す。

《 経歴・想い 》

「あなたの事業は障がいや難病の当事者の生きがいになります」

こんにちは。「命を伝える 人間研究家」 百澤望です。

私が作り上げていきたい事業は、「個人事業主×個人の強味×仕組み」を組み合わせ、外出が困難な方に対して、在宅でも働ける環境を作ることです。

私の夫はALS(筋萎縮性側索硬化症)という神経難病を第4子の末っ子が1歳半頃に発症しました。病気の進行と共に、身体が動かなくなり、立つことも話すことも出来ず、全介助の状態となりました。4人の子育てと夫の介護、闘病をする毎日でも、一つの家族としての幸せを保っていたのは、左の指一本でも働き続けていた夫の収入でした。

「どのような身体の状態でも、環境であっても、収入があること、働くことで社会との繫がりが生きる力になる」

私は、難病、障がいなどで自宅で過ごすことの多い人や、家族の事情で外出が困難な方に向けて、個人事業主のフットワークを活かして、①在宅で過ごされる方へ仕事を発注、②在宅で過ごす方の強みを活かしながらスキルアップへのサポートをする、③バックアップ体制を強化していく環境を繋ぐ仕組みを作っていくことで、在宅で過ごされる方の生活の質の向上だけでなく、一人の社会人として、生き抜ける環境を整えていきたいと考えています。

追加資料

エントリー一覧に戻る →